シリコンバレーの片隅で

シリコンバレー在住駐在員の日常生活について

シリコンバレーのルール

シリコンバレー のルール

 

これもアメリカのルール?事情といったほうが正しいかもしれない。すでにシリコンバレーというタイトルが適切でない気もする…

 

私はアメリカデビューが40歳近い年齢で、アメリカへの思い込み(不安要素中心)もすごかった。例えば、

- ポケットに手を入れて歩いてはいけない

  これは銃保持と間違えられるからだと聞いていた。

- 電車は無法地帯

映画などの影響。悪者の巣窟。

- カリフォルニアは一年中暖かい

典型的な西海岸の気候に冬は無い。

- マクドナルドもサイズがでかい

アメリカはなんでもビッグという思い込み。

- アメリカ人は傘を使わない

そもそも売ってないと聞いた気も。

 

すべては思い込みであった

 

こちらに来てみて、少なくともシリコンバレーではすべて思い込みであったと判明。

 

ポケットに手を入れて歩いてる人はたくさんいるし、自分が手を入れて歩いても問題となることはなかった。

電車も比較的安全(CaltrainとBARTに限る)。ただBARTの駅(Oakland辺りで)で事件が発生したとよくニュースで見るような気も。

気候は温かいが、きちんと四季があり、冬は普通に寒い

マクドナルドの大きさも味も日本と同じ。ただしメニューが多少異なる。日本にあってアメリカに無いもの、またその逆もある。

傘について、シリコンバレーはアジア系が多く住んでいるからか?雨の日は皆傘使っている。。

 

 あと、アメリカから初上陸!とか日本でよくレストランなどを見かけるが、冷静に考えると、レストランに関しては日本のほうが圧倒的にクオリティが高いと思う(しかもそいういうレストランに限って高いし)。アメリカから初上陸!という響きに弱いなぁ日本人。

 

シリコンバレー Thanksgiving 事情

シリコンバレー のThanksgiving

 

アメリカのThanksgiving事情といったほうが正しいかもしれない。今年(2017)もThanksgivingがやって来た。ひょっとして赴任期間を考えると最後のThanksgivingになるかもしれない。印象として日本のお正月に近いと考える。

 

店はほぼ休み

ひと昔前の日本もお正月に開いているお店は非常に少なかった。今ではほぼどこでも開店しており。いったい誰がお正月に休んでいるのだろう?と思ってしまうことも。アメリカのThanksgivingはかなりの店が休業(日本とは違う)となる。Safeway(日本でいうイトーヨーカドー?)もこの日ばかりは休業である。つまり、事前に買い物をぬかると、何も買えなくなるのである。

我が家は毎年Thanksgivingの週に旅行に行っている。しかしレストランなども休業となるため、事前にチェックしておかないと開いているレストランを探してさまよう事になる。また仮にレストランを見つけても予約していなと、かなり待たされることがある。実際一昨年のThanksgivingの旅行ではその洗礼を受けた。

今年は火事の被害を受けたNapaに行って来た。家族ではまだNapaへ行ったことがなく、お金を落とす意味も含めNapaへの旅行をきめた。

子供が退屈するため、Winery巡りはほどほどにしようと、いくつか候補を絞って行ったが、全て休みという状況であった。。。たまたま通りすがりに見つけたWineryで買い物をし、ホテルで楽しむことにした。

レストランで彷徨うことを避けるため、今年のThanksgivingの夕食はカップラーメン祭りとなった。持参したカップラーメン+ワイン or ブドウジュースというラインナップ。これでも子供たちは喜んだ。これはこれで楽しい。

 

ブラックフライデー

Thanksgivingの翌日はブラックフライデーというバーゲンが始まる。これは激混みイベントとなるため、人混みが嫌いな私は避けている。そこまでして安く買いたいものはない。。人混みのストレスが勝る^^;。ニュースもこの状況をレポートする。お正月の初買いに近いイメージだ。

今年は旅行帰りに、ブラックフライデー渋滞に巻き込まれて焦った。。。

 

 

 

 

 

シリコンバレースポーツ事情

シリコンバレー スポーツ事情

 

シリコンバレーとスポーツ、完全に個人の所感。シリコンバレーあたりは芝の公園やほとんどの学校かグランドを開放しており、非常に環境は整っている。日本のコミュニティもあるし、またMeet upなどで気軽に自由参加型のイベントに参加できるため、環境としては整っている。

私は渡米前、日本で草サッカーをしていた。自分自身で取りまとめ、完全にオッさん中心(結成時はみな若かったが)、エンジョイ系の環境でプレーしてきた。ガチ試合はしないし、あまりプレー中に汚い指示なども好まなかった。そういった生温い?環境でプレーしてきたため、結論から言うと、こちらのスポーツコミュニティには馴染めなかった。

私は社会人からサッカーを始め、スポーツの才能もなかったので、さすがにガチは無理。なんかアメリカでは気後れして続かなかった。

 

1人サッカー

そんな私も気楽にできる方法を見つけた。1人サッカーである。練習とも言うが… 環境は整ってるので天然芝の上で、思う存分ボールを蹴れる。これだけでも結構楽しいことに気づいた。

子供と一緒に小学校のグランドに行き、子供は遊具、私は1人サッカーを楽しむ。

カリフォルニアは本当に気候が良いので身体を動かすのは気持ち良い。

f:id:silliconvalley:20170927053002j:plain

f:id:silliconvalley:20170927053007j:plain

 

シリコンバレー続運転事情

妻の免許更新

妻の免許の期限が迫り、DMVへ行って来た。持ち物はDMVから更新せよとのお知らせ、I-94 - Wikipediaとパスポートである。San Jose DLCという場所に更新申請へに行き、手続きを完了。仮のライセンス(ただの紙っぺらなのだが。。)を発行してもらう。しかしこれで安心してはいけないのがアメリカなのだ。案の定、3ヶ月過ぎても免許が送られてこない。仮ライセンスの期限も切れてしまうので、再度DMVへ行くことに。

やっぱり、、、

アポなしで再度DMVへ行く。行列に並び、3時間ほど待ったらやっと出番がきた。しかも途中でアドバイザーみたいな人がいて、こちらが何の目的で来たのか伝えたのだが、「身分証明のチェックで引っかかってる可能性が高いから電話せよ」と。。。まじか、、、これだけ待たされてそりゃねーだろー。ということで、並び続け出番を待った。

# ちなみに、我々は9時から並んだが、12時ごろから劇的に空いてくることを発見。今度から12時過ぎの来よう、、もうあまり来たくないが。。。

結局、対応してもらい、チェックしてもらったら身分証明で引っかかっていたようで、

"It's clear."と、、ってことは今まで何かしらUnclearだったのね、、、はさておき、途中のアドバイザの指示通り引き返して電話という選択をしていたら、また複雑化するところだった、あぶねー。アメリカでは人によっていうことが違うことが多い。行政は本当にいい加減という話を聞いていたが、痛感した瞬間だった。

でもこれでも安心できないのがアメリカ。今度はちゃんと免許届けて欲しい。

運転免許がなぜ必要か?

なぜ運転免許が必要かというと、この運転免許が身分証明を兼ねているからである。免許を保持していないと、身分証明としてパスポートを持ち歩く必要があり、やや面倒なのである。で、どんな時必要かというと、例えば、お酒を買う時、クレジットを使う時、アメリカ国内旅行などである。特に写真付きでないクレジットを使う際、頻繁(ファーストフードが多いかも)に"Show your ID?"と聞かれる。パスポートは紛失も怖いので、できるだけ持ち歩きたくないというのもあり。。

 

 

 

 

 

シリコンバレー日系ストア状況

日本のものがどれくらい手に入るか?

アメリカ赴任前、どれくらい生活が変わるのか、想像もつかなかった。例えば、食事、アメリカの食材って日本とどれくらい異なるのか?それでどんな料理を作ることができるのかなど、ほぼ情報がない状況であった。しかし結果からいうと、シリコンバレーに関してはほぼ心配なく、日本と同様の生活を送ることができる。

日系レストラン

まずレストランだが、シリコンバレーエリアには思ってた以上に日本レストランがあり、比較的レベルも高い。中心は飲み屋だが、お昼時はランチメニューを提供している。人気のレストランはお昼時行列ができるほどの混雑ぶりだ(総じて中国人がたくさん来ているように思える)。我が家の近所(Cupertino)にもいくつかのレストランがあり、値は張るが($13-18)、味は満足できる内容だ。

代表的なレストランは以下の通り。

SUMIYA

DAN

GOCHI

AJITO

EN

また、日本から進出しているレストランもある。

YAYOI-KEN(やよい軒)、お好み焼きの風月、回転寿司のくら寿司、吉野家など。どの店も(吉野家以外)週末は行列で、2時間くらい待つ必要があるとも聞く。

このように日本食を食べたいーとなった時のレストランは高いが、困ることはない。チェーン店系で行ったのはYAYOI-KENだけだが、日本と微妙にシステム、メニューは異なる。↓ YAYOI-KEN

f:id:silliconvalley:20170828072600j:plain

たまにアメリカ国内へ出張に行くと、アメリカンしかない場所もあり、胃がやれることも多々。。。シリコンバレーと妻の料理の恩恵を痛感。ちなみに、シリコンバレーでは日本食でなく、他のアジア系のレストラン、中華、韓国、ベトナム、ビルマ、インドなども多数あり、総じて日本よりレベルが高く、美味しい。

日系スーパー

日系のスーパーもあり、日本食の入手には困ることはない。ただレストランと同様比較的高い(そもそもシリコンバレーの物価が高いということかもしれない)。スーパーも中国人が多い気がする。

  • MITSUWA(旧ヤオハン)
     週末はモールの駐車場が埋まり、大変なことになっている。山頭火がスーパー内にあり、いつも行列。日本の食材はほぼ揃う。
  • MARUKAI
    駐車場が利用しやすく、一番利用頻度が高い。日本の食材はほぼ揃う。我が家はMARUKAIの利用頻度が高く、よく日本人の知り合いとも出会う。 
  • NIJIYA
    実は自宅から少し遠いので私自身は行ったことはないが、お惣菜が充実していると聞く。

日系雑貨店

近所にはDAISOがあり、日系の雑貨も手に入る($1.5からと日本特レベルと少しお高め)。上記MITSUWA, MARUKAIのモールにあり、頻繁に利用している。

 

というようにシリコンバレーでは日本の物を比較的簡単に手に入れることができ、生活には困らないのである。

 

シリコンバレー教育事情:2017新学期

入学手続き

新学期の手続きが始まったので、また教育事情といっても手続きに関することを記録しておきたいと思います。2年前入学手続きを進める際、知人のアドバイスおよびWebから入学手続きについて調べました(Cupertino Union Disctrictの話に限る)。

当時、長女は中2(8th Grade)、次女は小2(2nd Grade)で、Middle SchoolとElementary Schoolの両方へ行く必要があった。なんか、Webで調べても、英語というのもありよく手続き方法がわからない。私は先行して渡米し、家族は新学期(8/中旬)の開始間際に来る予定となっていた。事前に手続きはすませておこうと、統括する(Cuperitino Union Disctrict)

Cupertino Union School District / Homepage)

に問い合わせた、メールで。電話だと全く自信なかったので。

しかし、子供たちが来ないと手続きは進められないと回答があり、事前に行うことができず、不慣れなにの短期間で行うリスクを背負うことになった(渡米が8/1、学校開始が8/17)。

実際に手続きまでにしたことは以下のことである。

  • 追加の予防接種 -> 必須
  • 英語(ELD)レベルを確認するテスト
  • 数学のテスト(長女のみ)
  • 中学校へ書類の提出(中学校は直接行く必要がある)

予防接種。これが日本と決定的に異なる。日本で受けた予防接種で足りるだろうと油断しており、母子手帳を英訳してもらったので、これでOKと思っていた。が、必要な数が違うことが判明。ドクターのアポを取り、予防接種を受けたのだが、一気に3本くらいまとめて打たれていた。。。

2017新学期(High School)

教育費は公立であればHighSchoolまで無料。ただ、寄付(Donation)を求められる。これが曲者。ニューカマーとしてはどれにいくら払ったらよいのか全くわからない。全部払ったら二人分で$1000は超えそうだった気も。今年もHighSchoolから封筒が送られてきた。大半が寄付に関する内容。しかし今年は娘友人(日本人)のご両親がアドバイスしてくれたお陰で、絞り込むことができそう。#それでも$500は超える予感。。。

以下が学校から送られてきた資料。あーこの手の手続き系の資料、ホント読むの苦手だよ、、しかも英語だし。。

f:id:silliconvalley:20170727015745j:plain

シリコンバレー住宅事情

家賃相場

シリコンバレー住宅事情について。シリコンバレーは近年特に家賃が高騰しており、問題となっているようだ。サンフランシスコでは年収$100K(6digitsと呼ばれている)、1000万円相当が生活できる最低ラインで、この年収で低所得者層に分類されている。恐ろしや、、、、ただカリフォルニアの平均年収は日本の平均の3倍といわれている。

私が住んでいる地域は、高いレベルの教育を提供している地域であり、前回のブログでも紹介したが、住んでいる場所に従って学校がアサインされるので、家賃も高い設定となっている。私の場合、子供の学校を優先したため、家賃の高い地域(Cupertino)を中心に家探しをした。以下参考まで(見るタイミングによって変わります)。

Rental Listings in 95129 - 54 Rentals | Zillow

赴任した週の週末、不動産エージェント(日本人)に希望の条件を伝え、8軒ほど見て回った。子供(中学生&小学生)たちは英語が全くできなかったため、知人のお子さんと同じ学校に通える地域&支給される家賃の上限という条件で絞り込んだところ、1軒しか残らなかった。その日の夕方、妻と相談し、その日のうちにこの1軒に決定、次の日には契約していた。

家のトラブル

私が住んでいる地域の家賃相場は目が飛び出るほど高いが、新築ではなく、築50年を超える物件ばかりだ。そのためかなり設備が古いし、傷みの激しい部分もある。また日本だと、入居時かなりきれな状態で引き渡されるが、私の場合はかなり中途半端な状態で引き渡された、、、知人から、家のトラブルについては色々聞いていたが、私も様々なトラブルに見舞われた。以下がその一覧。

  • 前住人の食料が残ったまま
  • トイレの水詰まり
  • ガレージが閉まらない、開かない
  • 停電(家のトラブルにより)
  • 排水溝の水詰まり
  • 蟻大量発生
  • 給湯器故障
  • セントラルヒーティング爆発
  • ガレージドア崩壊

上記のうち、停電とセントラルヒーティング爆発はまじしんどかった。詳細は別の機会にしたいと思う。

ちなみに私は一軒家タイプを選択したため、このようなトラブルに見舞われたが、アパート(タウンハウスと呼ぶ)タイプの場合は、比較的新しく、管理もしっかりしているため、このようなトラブルは少ない。トラブルに見舞われたとしても管理人が対応してくれるため、楽であるが、一軒家タイプは大家と直接交渉する必要があるため、英語力のない私は本当にしんどかった。。。。このようにアメリカは住居のトラブル前提?みたなので、タフになる必要あり。